活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ

一押しメニュー 


オーダーのぼりを置く理由の1つに一押しメニューをアピールするというものがあります。
飲食店でも販売店でもメニューの中に強くおすすめできる物というよくあるものですが、
店内にあるメニュー表に載せておくだけでは効果的なアピールとは言えません。

一押しメニュー

店内の壁に貼っておくという手もありますが、お店の中に入らないと見られませんから
これも効果的とは不十分と言わざるを得ません。

一押しメニューを載せたデザインでオーダーのぼりを作成して、これをお店の前に立てておけば
お店の中にいない人にもアピールできますから非常に効果的と言えます。

お店を利用してもらわないことにはリピーターの獲得は実現できませんから、
まずは魅力が伝わるアピールをして店内に入ってもらうことが重要です。

オーダーのぼりを作成する場合には、書体を選んだり色を選んだりして
好きなデザインで作成できるのが特徴です。

こういった融通が利くとアピールしたいメニューの雰囲気に合わせて
より良い形でアピールできるようになりますので非常に助かります。

レイアウトに凝ることもできますし、文字の大きさや量の調整も可能ですから
かなり自由な作成ができます。

アピールに大事なことといえばよく目立つことですが、サイズも選べますから
この点にも注意を向けながらオーダーすると良いでしょう。

サイズが選べる

一押しメニューは時期によって変わることもあるでしょうから、その度に
オリジナルのデザインで作成して効果的なアピールをしていくのも方法の1つです。

 

昔は料理選択の自由はなかった!?料理提供の変化とメニュー表誕生

現代ではお店の魅力をアピールするひとつの手段でもある一押しメニューですが、昔はメニューそのものがなく、
料理を選択する自由もなかったのです。

メニューとはメニューはフランス語を語源とした言葉です。フランス料理では「ムニュ」はコース料理の一覧に使われ、
お客が一品ずつ選ぶ料理はアラカルトと呼ばれています。

メニューがなかった初期のレストランには現在のようなメニューがありませんでした。初期のレストランであるターブル・ドートと
呼ばれる定食店ではシェフや経営者が、その日にあらかじめ仕入れた食材から提供する料理を決めていました。
そのためお客の側が料理を選ぶことはできず、お店の側がその日に提供している料理を食べるというものでした。
料理の内容を決定するのはお店の側で、いってみれば現在の宴会のような形だったのです。

現在のようなメニューができたのは18世紀後半になってからです。この頃になって、お店が提供する料理は一律同じものではなく、
料理の一覧表であるメニューからお客が自分の食べたいものを選んで注文して、お店の側は注文された料理を作って提供する形になりました。

料理が選べなかった頃の定食店では料金も一律で定価でしたが、料理が選べる現在のようなメニュー方式になってからは料金も
選んだ料理によって支払うようになりました。