活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ

のぼりの使い方 


高い効果を上げるのぼり旗の製作ポイントは、いかに目立つかを考えたデザインです。
屋外で使用する場合には遠くからでもはっきりと見える視認性の高さが必要です。
そのためにはのぼり旗の背景色と文字色を反対色にするなどの工夫が必要です。

例えば背景が青で文字が水色では、文字が背景に溶け込んでしまって見にくくなります。
けれども文字色をオレンジにすることで、くっきりとなって読みやすくなります。
のぼり旗は見やすさと分かりやすさが重要です。

通りすがりの人が、ほんの数秒間だけ目を向けただけでどんな宣伝なのかを
把握できることが必要です。そのような分かりやすいデザインにすることで、
興味を引く効果が期待できます。

宣伝ツールは反応率をいかに高めるかがポイントになりますが、のぼり旗は
制作を工夫することでかなり高めることができます。

はっきり見える


チラシの場合、まず配布するスタッフの人件費も必要となりますが、不特定多数の
相手がそれを手に取って見てもらえるかどうかが最初の難関になります。

けれどものぼり旗は大きく、存在感があるので自然と目が向くことになります。
つまり、この注目度の高さがメリットとなるわけです。

そしてその際に興味を引くように、分かりやすく宣伝内容を文字や
写真で伝えることになります。

これが集客効果を高めるポイントとなります。そして定期的にデザインを変える
工夫によって作り替えることで、さらに宣伝効果を維持することが可能となります。

集客効果を高める