活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ

ウェブショップ 


のぼり旗を通販で購入するときは、仕上がりが気になるものです。

頭のなかにあるイメージどおりに完成するのか、プリントされた画像は
綺麗に表示されているのかなど、まだ見ぬのぼり旗の完成品に対しては
不安が大きいでしょう。

そこでおすすめするのが、完成品のサンプルを確認できる通販です。
のぼり旗の通販には、注文を受けデザインが決まった後に、
サンプル品を郵送するサービスがあります。

サンプル品を確認できる通販なら、完成品に対する不安を解消することが可能です。

ネット注文

デザインで気になるところがあるなら変えることができますし
画像が綺麗にプリントされているのか確認することもできます。

気になる点を確認して変更できるので、イメージどおりの
のぼり旗を製作することができるでしょう。

のぼり旗は完成し届いてみないと分からない部分も多いので、
初めて通販を利用する人にこそおすすめです。

しかし、サンプル品を郵送して確認していると、完成までの時間がかかってしまいます。

通常よりも日数が余計にかかってしまうので、納期までのスピードを
求める人には、向いているのぼり旗の通販ではありません。

今すぐにのぼり旗を手元に届けてもらいたい人には、即日でプリントし
注文当日に出荷できる通販が向いています。

サンプルを確認

注文当日に出荷できるなら、スピーディーで待たされる時間を最小限にすることが できます。
緊急でのぼり旗を用意しなければいけないときには、おすすめの通販です。

 

モニターと実物で色が違う理由と色の差異をなくす方法

実物と色が違うのは、パソコンとのぼり旗では表現できる色が違うからです。
モニターはRGBで、赤・青・緑の光の三原色を組み合わせて1,677万色も表現することができます。
印刷物はCMYKで、シアン・マゼンタ・イエロー・の3原色とブラックを組み合わせてを表現するため、範囲は狭くなります。

またCMYKではRGBの色を表現できない色があります。そのためご注文された色と実際ののぼり旗の色が違うということがおこります。
実物の色に近づけるにはサンプル品を確認して、イメージと違う部分をパソコンで調整をします。

赤・青・緑の数値をかえることで色合いを変更することができます。原色や鮮やかな蛍光色は印刷物では表現するのが難しいため
注意が必要です。また印刷する物によっても微妙に誤差がでたり、ご使用のメーカーなどによっても多少の誤差があります。

手作業やイメージではなかなか分かりづらい場合は、CMYKに変更してくれる便利なソフトもありますので利用するとよいと思います。
表現できない場合は他の色に変更するか、自分で近い色に調整する必要があります。

この方法が1番簡単で差異をなくすことができ、イメージ通りの仕上がりになります。